JR嵯峨野線「亀岡」駅より京阪京都交通バスで5分・バス停「頼政塚」すぐ、亀岡市篠町の眼科「永田眼科クリニック」です。

院内設備

院内設備

  • 三次元眼底画像解析装置(Triton plus  SS-OCT )OCTアンギオグラフィー 三次元眼底画像解析装置
    (Triton plus SS-OCT )
    OCTアンギオグラフィー
    (トプコン) Swept Source方式を使用した最新のOCTで、網膜や脈絡膜、硝子体の断層撮影を行います。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、黄斑上膜などの眼底疾患や、緑内障に必須の検査です。 Triton plusでは、OCTアンギオグラフィーも搭載されており、造影剤を使うことなく、眼底の血流を評価することができます。加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などに有用です。
  • 超広角走査レーザー検眼鏡 Optos社Daytona 超広角走査レーザー検眼鏡
    Optos社Daytona
    (中央産業) 一般的に眼底検査では、散瞳が必要で検査後4~5時間は見えにくくなり車の運転が難しくなりますが、散瞳しない状態でも眼底を広範囲に撮影し記録することができる機械です。これにより眼底全体の状態をより正確に把握することができ、前回との違いが分かりやすくなります。また軽症の糖尿病であれば無散瞳での経過観察も可能になります。
  • 静的視野検査 静的視野検査 (アールイーメディカル) 視野が欠けているかどうかの検査を行います。おもに緑内障のスクリーニングや進行度合いの評価に用います。従来の視野検査よりも短時間で行うことができ、固視不良の影響も少ないモデルです。
  • 動的視野検査 動的視野検査 (タカギ) 視野全体を測定できる検査で、進行した緑内障や、神経疾患による視野障害の評価に有用です。
  • 光学式眼軸長測定装置(OA-2000) 光学式眼軸長測定装置
    (OA-2000)
    (トーメー) Swept Source方式を用いることで、白内障手術時の眼内レンズ選択をより正確に行うことができるようになりました。
  • スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮顕微鏡検査) スペキュラーマイクロスコープ
    (角膜内皮顕微鏡検査)
    (ニデック) 角膜内皮細胞の密度や形を解析する検査機器です。角膜内皮細胞密度が低いと白内障手術が困難になりますので、白内障手術前にこの検査を行い手術が可能かどうかを評価します。
  • 超音波画像診断装置 超音波画像診断装置 (ニデック) 硝子体出血や進行した白内障などで眼底検査が困難な場合に、眼内のエコーを行います。
  • 網膜電図(ERG) 網膜電図(ERG) (トーメー) 光が網膜にあたることによって生じる電気信号を調べる装置です。
  • オートレフケラト/トノメーター オートレフケラト/トノメーター (ニデック) 近視や遠視、乱視の程度を計測する装置で、非侵襲的眼圧測定と一体型です。
  • スペースセービングチャート スペースセービングチャート (ニデック) 1m液晶視力検査表です。省スペースですので、複数の検査台が設置でき、待ち時間の短縮につながります。
  • 液晶視力検査 液晶視力検査 (タカギ) 液晶で表示される視力表で、字詰まり(視力表)、字ひとつ(ひとつの指標)の表示切り替えが可能な最新式の視力検査表です。
  • オートレンズメーター オートレンズメーター (ニデック) 持参された眼鏡の度数を測定します。
  • 昇降式検査台 昇降式検査台 (ニデック) 当院では多くの検査機器に車いすに対応した検査台を使用していますので、車いすのままで検査が可能です。
  • 診察台 診察台 (イナミ) 椅子と診察台ともに昇降式で、つまずく心配がなく安全性の高いコードレスタイプです。
  • ポータブルスリットランプ ポータブルスリットランプ (キーラー) 手持ちの診察機器で、姿勢を保持することが難しいなど、通常の診察台を使用できない方の診察も行うことができます。
  • 電子カルテ(NAVIS-CL) 電子カルテ(NAVIS-CL) (ニデック) 電子カルテを採用することで、検査結果をすぐに診察室で見られるため待ち時間の短縮につながります。また長期のカルテ保存が可能です。

  • マルチカラーレーザー マルチカラーレーザー (ニデック) 糖尿病網膜症や網膜裂孔などへのレーザー治療を行う装置です。レーザー光の色を選択することで様々な眼の状況に合わせた治療が可能です。
  • YAGレーザー(ultra Q) YAGレーザー(ultra Q) (エレックス) 白内障術後におこりうる後発白内障などの治療を行います。
  • 処置ベッド 処置ベッド (タカラベルモント) 昇降式のベッドで外来処置に使用します。
  • 処置用顕微鏡 処置用顕微鏡 (タカギ) 処置ベッドでの注射や処置に使用します。

  • 硝子体手術・白内障手術装置(コンステレーションビジョンシステム) 硝子体手術・白内障手術装置
    (コンステレーションビジョンシステム)
    (アルコン) 極小切開硝子体手術が可能な最新の硝子体手術装置です。白内障手術も同時に行うことができます。
  • 白内障手術装置(インフィニティビジョンシステム) 白内障手術装置
    (インフィニティビジョンシステム)
    (アルコン) 小切開で手術可能で、手術時間を短縮させるオジルという超音波方式を使用します。進行した硬い白内障にも対応可能です。
  • 手術顕微鏡(ライカM822) 手術顕微鏡(ライカM822) (ライカ) 天吊り式の顕微鏡を導入し、手術室のスペースを最大限に生かすことができるようにしました。硝子体手術が安全に行えるように広角観察システムも導入しております。
  • 眼科用手術台(メプロ4) 眼科用手術台(メプロ4) (タカラベルモント) 自動で手術の体勢になるリクライニング式の手術台です。体型に合わせた様々な調節機能付き。

永田眼科クリニックロゴ

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

※手術:月、木 午後、必要時臨時手術
診療開始の30分前から受付を開始しています。
眼鏡合わせ・散瞳検査の方は、受付終了30分前までには受付をお済ませください。

休診日 日曜、祝日


どなたでもお気軽にお越しください。

*時間予約制ですが、予約なしでも受診可能です。

0771-23-1236

〒621-0835
京都府亀岡市篠町浄法寺中村33

駐車場(14台分)あり

JR嵯峨野線「亀岡」駅より
京阪京都交通バスで5分
バス停「頼政塚前」すぐ

車で国道9号線・頼政塚交差点すぐ

PAGETOP
Copyright © 2019 永田眼科クリニック All Rights Reserved.